龍角散のど飴のシークワサー味の罠水曜日【TECH::EXPERT】

Ruby TECH::EXPERT プログラミング 基礎カリキュラム編

【本日のメニュー】
・Rails試験問題復習
・Ruby家計簿

【Rails試験問題復習】
答えと、ファイルが違うぞ!?って思ってたら連番違いという根本的なミスをしてしまった!結局一番最初に疑ったファイルでよかったんじゃないか!
本試験となるともっとテンパりそうだから、こういうの気をつけないといけないなぁ。

【Ruby家計簿】
あれ?そもそもこのまま学校行って買い食いして寝る生活して、残高大丈夫なの?
って思って、計算したら、おやおや11月あたり怪しいぞってなったんですね。
具体的にいつ、いくら足りないの?残業はいくらすればいいの?

あ、そうだ!

Rubyってターミナルに計算した履歴残るから、
Rubyで計算しよう!って計算式作ったんですね。
そして、計算したら大丈夫そうでした。
計算機で計算すると、結果しか残らないから、どこかで入力ミスしてたんですね。
めでたし、めでたし。

▼わかった事
PaizaっていうRubyをブラウザで実行できるページがあるのですが、
Getsメソッドで聞かれる内容をあらかじめ用意しておいて、入力欄に入れておくと、都度ターミナルに入力しなくても良いのです。
Paiza: https://paiza.io/ja/projects/new?language=ruby
なので、エクセルとかで収支スケジュールを書き連ねて、それをRubyファイルのフォーマットに合わせてPaizaで実行すると、時間短縮になります。

絶対、エクセルでやった方がいいです。

▼動画&コード

puts "残高を入力してください。"
money = gets.to_i

while true
puts "収支名称を入力してください。\n※control+Cで終了する。"
date = gets.chomp
puts "金額を入力してください。\n※収入は正数、支出は-(マイナス付き)で入力"
pay_money = gets.to_i
money = money + pay_money
puts "#{date}:#{pay_money} >>>残高は: #{money}円"
end

 

TECH::CAMPについて