洗濯物がこんもりしてきたので自宅学習【TECH::EXPERT】

Sass/SCSS TECH::EXPERT プログラミング 応用カリキュラム編 転職・案件

【本日のメニュー】
・Sass/SCSS
・理解度テストSQL
・プロゲートに問い合わせ
・レバテック登録

【Sass/SCSS】
プロゲートにて遊んでみました。
カリキュラム読んだときは、Cssが楽にかけるんでしょ?程度に思ってたけど
実際使ってみるとそうでもないよう。
まずRubyでもJsでもいいからやっておいたほうがいいって感じの内容。
変数やら、引数が出てくるので、
「CSSできた!SCSSやろう!」だとちょっと難易度高いかなと感じた。
Css→Ruby→Scssだとすんなりいけました。
でもフロントだけやる人はRubyが回り道になっちゃうかー。

そんなこんなで、カリキュラム読んでるとわかったようでわかってないけど、
書いてみたら、HTMLっぽく入れ子して、Rubyっぽく引数とか変数が使えて、プロパティはCSSの書き方で指定する
って感じで、HTML、Ruby、CSSがわかると話が早いし、書いたほうがわかりが断然早い。

▼入れ子
入れ子で同じクラス名とかID名を省ける

▼引数が使える
$gray :#ccc; ($〜)を引数として、なんども同じところに使える。 例)color: $gray;

▼@importで別のファイルを読み込める。requireと似たような使い方

// _ を省略してインポート
@import "module.scss";

// _ と 拡張子を省略してインポート
@import "module";

 

▼@mixin XXX{ プロパティたち} プロパティを複数指定して、なんども使える。

@mixin hoge{ //色と文字サイズ指定定義する 
color: #ccc;
font-size: 18px;
}
.text {
@include hoge // @mixin~で指定したものを読み込める 
}

 

▼引数でプロティを本引数として使える。

@mixin hoge($color: #fff, $fSize: 16px) { // 色と文字サイズ指定定義する 
color: $color;
font-size: $fSize;
}
.text {
@include hoge(black, 20px); // 色と文字サイズ指定を呼び出してプロパティを変更して使う 
}

 

[参考]Sassで@mixinを作る時に知っておきたい基礎知識
[参考]Sassの @import

【理解度テストSQL】
SQLの章の最後の方にある理解度テストやってみました。
結果は56点!最初からまぁまぁな点が取れて嬉しい。検索力が上がったかな?
あと、電車の中でプロゲートでSQL文やってたのもあって、検索しなくてもOKな問題があったので時短になったかなー。
文章問題は苦手。初めて公式ドキュメント読んだけど、
自分の探してる内容が明確だったら読めるって感覚があった。
公式ドキュメントが読んでもわからないときは課題がわかってない時っていうバロメータにできそう。
今週中には合格します。でも明日は別のカリキュラムでリフレッシュする。

【プロゲートに問い合わせ】
プロゲートに下記の問い合わせをしてみました。
・YouTubeで学習を実況したい
・iPadだと右クリ操作が上手く行かなかたから気が向いたら対応して欲しい
問い合わせに対して2時間くらいで返事がきてびっくり!速スギィ!
YouTubeに実況で有料コンテンツが見えてしまうことは×、サービスの紹介する◯
iPadの対応は難しいけど意見参考にします!とのこと。
YouTubeでアウトプットいいよ〜ってツイッターで見たので、したいのですが、
今はオベンキョ〜に集中しなければいけないので、動画編集するような動画を撮ることはしたくないので、
楽に撮れてアウトプットにもなる方法考え中。

【レバテック登録】
モチベーションを高めようとして、レバテックに登録。
どんな案件があって、単価っていくらぐらいだろう?
やっぱり、普通に、お金がたくさんもらえるって嬉しいじゃないですか。
とれたぬですが、覗き趣味が出ました。

登録したのですが、速攻で弾かれました。
冷静になって考えてみたらそりゃそうだ

・エンジニア業務未経験
・Ruby on Railsの経験1年未満でRuby on Rails案件希望
・B to BのWEBアプリ開発

この登録内容だけ見たら「案件はないです」ってなりますよね。
然るべき時に案件を探すべきと知った。ちゃんちゃん。