通勤電車がNoMethodErrorになりそう【TECH::EXPERT】

Rails TECH::EXPERT プログラミング 応用カリキュラム編

【本日のメニュー】
・お教室でdevice導入
・お昼の部 rails

【お教室でdevice導入】
まずは、pictweetやmooovieでどんな感じに使われてたかをおさらいしようと思い、カリキュラムを読み返します。

やること
1.Gemをインストールしてサーバーを立ち上げ直す
2.コマンドを利用してdeviseの設定ファイルを作成する
3.コマンドを利用してUsersモデルを作成する
→チャットスペースのカリキュラムに答えが載っててクイズ式なので、悩んでわからなくなったらバンバン答え見てバンバン進んだ方が良さそうだった。
4.未ログイン時にはログインと新規登録ボタンを表示する
5.コントローラにリダイレクトを設定する

ということで進んでたんですが、ある程度やったところで謎のエラーが発生!
戻しに戻して原因を確認せねば!
というところで終わってます。

今、会社でもコーディングしてるんですが、それもあってか疲れがぱねぇ
台風も来るみたいだし、
今日はもう寝ます。

【お昼の部 rails】
プロゲートにてrailsをお勉強。
本日は残念賞。ハマりまくって全く進んでない。
Routs.rbのファイル内の各順番によって、動く・動かないがあってハマってました。
Pictweetでは最終的にrouts設定がリファクタリングされて、4行くらいになってましが、その書き方の前にやってた懐かしの書き方でやってます。

get “posts/index” => “posts#index”

こんな感じの。

まぁ、これはレッスンがこうやるからしょうがないとしか言えないんだけど、
どうしてそうなるのかは、調べてみた方が良いと思いました。
なんかスライドで説明あったけど、あんまり覚えてない。
ハマったから調べよう(い つ も の)

このエラーは多分、知ってないと一生解けないエラーだから、
しておかないとメルカリやばいと思った。
ページがいっぱいあって、こんなの出てきたら探すの大変すぎなんだよなぁ!

と思って調べたら、どうやらroutsの上からURLの一致を見ていって、
上にあるものと先にマッチするそうです。

でも、このエラーはroutsエラーじゃなくて、メソッドエラーになりました。これが厄介。

多分、指示されたアクション読みいったら、ビューに読み込ませるためのメソッドないよ!だと思うんですが、routsが間違いって言ってくれないのはなかなか難しい。

カリキュラムでも多分書いてあったと思うんですが、覚えてなかったのでプロゲート道場コースでハマった。

確認すべき場所のボキャブラリー増えたからありがたい。

[参考]rails routesの順番

プロゲートのおかげで、rails cの使い方が少しわかったので、
binding.pryの使いどころがわかるといいなー。
実際に自分でピカンときて使ってみないと良さがわからないから、
結局こいつのことよくわからない。

処理とめて、rails cでできることを割り込めるらしいけどね。